2005年09月22日

「定常型社会」の豊かさ。

ヨガ.jpg


高速回転する独楽(こま)。
見た目には静止しているようですが、実はものすごい回転のエネルギーを発しています。
その独特の美しさは、溢れる生命力を、一本の垂直線のもとに整えた結果なのでしょう。

「定常型社会」の真価も、独楽の回転のようなものかもしれません。

見た目は静止しているように見えながら、<生命=創造活動>が活発な社会。

続きを読む
posted by Toshi at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

個人の生き方と社会デザインースカンジナビアン・モデルへ

人力車


あなたは、日本のミライにどれほどの希望を見出しているでしょうか?
あるいは、自分自身の人生に、どれほどのミライを感じていますか?

人生の質を上げるために、個人の努力が必要なのは言うまでもありません。
同時に、それを為しやすくするための、社会システムをデザインすることもまた重要なことです。

それを同時にできないかな、と思い始めました。
ヒントは、「スカンジナビアン・モデル」。

北欧社会は、私たちの20年先を行っていると思います。

続きを読む
posted by Toshi at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

未来学者の問いーボランタリー・シンプリシティ2


夕暮れ.jpg

『ボランタリー・シンプリシティ 人と社会の再生を促すエコロジカルな生き方』の著者、デュエイン・エルジンは、次のように問いかけます。

 あなたは、自分の仕事に満足していますか?

 あなたの仕事は、他の人々の健康と幸福に役立っていますか?

 それとも、それは単なる収入源にすぎないものですか?

続きを読む
posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

ソーシャル・アントレプレナー・ギャザリング

来る10月1日(土)〜2日(日)に、日本初のイベント「ソーシャル・アントレプレナー・ギャザリング」が六本木ヒルズにて開催されるそうです。

東京のNPO法人ソーシャル・イノベーション・ジャパンが主催。

ソーシャルアントレプレナーに関するトークセッション、ケーススタディ、フェアトレードカンパニーによるファッションショーなど、様々なプログラムが用意されています。

詳しくはコチラをご覧下さい。

posted by Toshi at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

「おひさま進歩エネルギー」ー市民が創るまちの発電所。

おひさま進歩.jpg

これは、“利益を生み出す公共事業”。しかも、“市民出資”で“自然エネルギーの地産池消”です。

保育園や児童センターや公民館の屋根が“発電所”。

画期的だと思いませんか?

続きを読む
posted by Toshi at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

新たなブランド戦略としての「社会起業/社会企業」。

RUGMARK.jpg


日本の社会起業家ムーブメントの仕掛け人、ソフト化経済センターの町田洋次さんのブログをのぞいてみました。あるわあるわ、たくさんの事例や論考…。この分野の第一人者だけあって、その厚みはさすがですね。

町田さんの視点で共感するのは、「社会起業/社会企業」が決して特殊なものではなく、21世紀にはむしろメインストリームになる可能性をはらんでいる、とする視点です。

「今の時代、社会起業の方が、ブランドやビジネスモデルをつくりやすい」と町田さんは言います。さらに、やりようによっては、「社会起業/社会企業」の方が営利企業よりも儲かる、とも…。

続きを読む
posted by Toshi at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

チェンジメーカーー社会起業家が世の中を変える

チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える

帯のタイトルが「誰かのために働くってカッコいい。」
そう。社会起業家って、「カッコいい」存在でよいと思います。
いわゆる「良い人」であることの前に、「生き方としてカッコいい!」と、そう形容した方がよいと思います。

Will Platformの仲間で、ご自身もソーシャルベンチャーをめざしている岡野さんがこの本について感想を寄せてくれました。

続きを読む
posted by Toshi at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

日米ソーシャル・イノベーション・フォーラム

全体.jpg

8月27日(土)。「日米ソーシャル・イノベーション・フォーラムーCSRから社会変革投資へ、そのリターンを考える」に参加してきました。

会場は250名を超える盛況ぶり。
司会の井上さんもおっしゃってましたが、年々、「社会起業家」に対する関心が高まっているようです。

この日は、アメリカの社会起業家支援団体「アショカ」の理事、ビル・カーターさん、そして「REDF」のシンシア・ゲアーさんをゲストに、社会起業家向けの投資をテーマにディスカッションが行われました。

続きを読む
posted by Toshi at 23:50| Comment(2) | TrackBack(2) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

遙かなるデンマークー持続可能な豊かさへ。

風ヤ.jpg

人口、約540万人。(ちなみに愛知県は約725万人。)
面積、約43,000平方キロ。(九州とほぼ同じ。)
GDP、世界第42位。(日本は世界第2位。)

北の小国・デンマークは、ひそかに世界のトップランナーになりつつあります。

続きを読む
posted by Toshi at 09:45| Comment(0) | TrackBack(1) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

豊かな国の、貧しいシゴトー35歳男女「職場地獄」

職場地獄.jpg
『Yomiuri Weekly 2005年9月4日号』より

GDP世界2位の国、日本。
その繁栄は、砂上の楼閣か?

どうして仕事がこんなに苦しいんだろう。

続きを読む
posted by Toshi at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

生きるヒントをくれるオーガニック・ガーデン。

今日は、本の紹介です。
野菜がかれらを育てた―生きるヒントをくれるオーガニック・ガーデン
4000023187大塚 敦子

おすすめ平均
stars心が震えます。感動しました。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「オーガニック×社会起業家」。まさにこのブログにぴったりの一冊です。

続きを読む
posted by Toshi at 09:41| Comment(5) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

森と風がつくる、持続可能な再生紙。

オフィス紙.jpg

 ご存知ですか?
 1950年から1996年の間に、世界の紙消費量は6倍に増えていることを。アメリカでは、一人当たり平均年間330kgの紙を使用していることを。人口と経済の幾何級数的な成長によって、多くの森が消えていることを。
 アメリカの大手オフィス用品販売店のひとつ、オフィスマックスでは、風力発電で製造され、FSC(持続可能な森林管理が行われたことを認証する国際機関)の認証を受けた100%再生紙を販売することを発表しました。
 持続可能な森と、風力によって作られた、新しいリサイクル・オフィスペーパーの登場です。

続きを読む
posted by Toshi at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

社会起業家のための登竜門 edge

会場風景.jpg

 8月6日(土)、大阪の「社会起業家をめざす若者のためのビジネスプランコンペティション edge」のリレー講座が開催されました。ウィル・プラットフォームのアドバイザー的存在である、名古屋商科大学助教授・高浦康有さんが、その様子を伝えてくれています。

*    *    *    *    *

edge「社会起業家のことは社会起業家に聞く リレー講座第4回」

 社会起業家支援のためのビジネスプランコンペを開いている大阪の団体edge(Entrance for Desingning Global Entrepreneurship)のリレー講座に参加してきました。今回は外国人共生をテーマに活動されているお二人のゲストの事例紹介でした。

続きを読む
posted by Toshi at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Workstyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。