2005年07月27日

海と山を海苔網でつなぐ環境リサイクル事業

★ソーシャルアントレプレナーのための交流空間ーSV-Cafe vol.3
 SV-Cafe第3弾は、愛知県西尾市で活動する若きソーシャルアントレプレナー・石川孔明君の登場です。弱冠21歳の彼が、いかにして海苔網再生事業を立ち上げるに至ったのか?若者ならではの軽いフットワークとネットワークを生かして疾走する姿は、参加者の大きな共感を呼び起こしました。

全体
【日時】 2005年1月26日(水)18:30〜20:45
【会場】 名古屋大学 環境総合館 環境学研究科7階の716号室
【内容】 
 □自己紹介
 □ミニレクチャー(戸上昭司)
 ・テーマ「顧客と一緒に事業を立ち上げるー私募債という資金調達方
  法」
 ・「スピカ」というパン屋は、事業の趣旨に賛同してくれた人にスピ
  カ債(一口10万円)を発行し、500万円の開業資金を調達。しかも、
  利息はパンで支払うことに…。
 ・このユニークな資金調達方法の隠れたメリットとは?
 □ケースセッション(事例報告)
 ・テーマ「海と山を海苔網でつなぐ環境リサイクル事業」
 ・ゲストスピーカーは、愛知県西尾市で活動するエコ・コミュニティ
  研究会の石川孔明さん。
 ・天才軍師と同じ名前を持つ若きソーシャルアントレプレナーは、海
  苔網の再生を通じて、いかに地域とつなごうというのでしょうか?
 □交流会
 ・「全員が全員と言葉を交わす」を原則に、楽しく交流しましょう!


参加者全体石川君大橋君参加者

☆エコ・コミュニティ研究所:http://www.0563.net/eco/
posted by Toshi at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでの活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。