2007年09月03日

畑人、赤峰勝人さん。

DSCF2170.jpg

ちょっと前の話になりますが、夏休みのご報告ということで。

8月17日〜19日に、千葉にある「くりもと地球村」というところへ行ってきました。
ここは、オーガニックファームをベースに、食のこと、地球環境のことなどを幅広く学び実践する、「農場+学校+宿泊施設」のようなところです。

今回は『ニンジンから宇宙へ』で有名な、大分のお百姓さん兼食養指導者・赤峰勝人さんに会うのが目的でした。

御年60ウン歳の赤峰さん。
真っ黒に日焼けし、生気みなぎる元気なオジさんでした。

でもこの人、タダの「お百姓さん」ではありません。
農業や食養のことだけでなく、精神世界、教育、社会のありようまで、あらゆることに精通しています。

しかも、そのほとんどが独学というのですから驚きました。


DSCF2192.jpg


赤峰さんは『アトピーは自然からメッセージ』という本を書いているぐらい、食養指導者としても有名ですが、それもほぼ独学のようです。
しかし、百姓として日々、大地に触れ、作物と関わる中で「陰陽」を体験的に学んだのだとか。

本を読んで頭だけで理解したのではない、ほんものの「自然の摂理」をとうとうと語る赤峰さんの姿に、「やっぱり本物はちがうなー」とただただ脱帽でした。

セミナーの期間中、赤峰さんの講義が何度かありましたが、3時間ノンストップ。
参加者からのどんな質問にも的確に答え、しかも話はどこまでも拡がっていきます。

自然の摂理、生命の本質をふまえて、これからの私たちの生き方、社会のあり方について大きな示唆をいただきました。

赤峰さんについて詳しく知りたい方は、是非コチラのホームページをご覧ください。
なずなグループのホームページ
posted by Toshi at 22:48| Comment(0) | Lifestyle for Sustainability | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。